ロックの歴史【シカゴ・ブルース~ロック黎明期編】

前回の続きです。

戦後になるとブルースが大きく進化します。エレキギターの登場で彼らはバンドでブルースの演奏を始めるようになります。『シカゴ・ブルース』の誕生です。

彼らの音楽にレコード・ビジネスの可能性を見出したレナードとフィルのチェス兄弟は、1950年にブルース・R&Bの専門レーベル『チェス・レコード』を設立します。チェス兄弟はポーランドからの白人移民で、シカゴでライブ・クラブを経営し、かねてより南部から移住してくる黒人ブルース・マン達とも交流を持っていました。2008年の映画『キャデラック・レコード』では、レナード・チェスをモデルに当時の白人と黒人の関係がリアルに描かれています。

チェス・レコードからはマディ・ウォーターズを筆頭に、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフ、バディ・ガイ、サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡなど、数多くのブルース・マンが続々と輩出され、イギリスではその後ブルース・ブームが生まれます。長らく日の目を見る事のなかった彼らの音楽が、彼らを虐げてきた白人社会のラジオに乗って、変わりゆく若い世代に普及していったのです。時代は公民権運動の高まりと共に劇的に変化し始めていました。

迎える1955年。チェス・レコードから新人のチャック・ベリーがデビュー。RCRからはエルヴィス・プレスリー。スペシャルティ・レコーズからはリトル・リチャード。翌年にはバディ・ホリーやエディ・コクラン、ジェリー・リー・ルイス。彼らが新たなムーブメントを生み出します。ロックンロールの誕生です。

ロックンロールはブルースと入れ替わるように新たな熱を生み出します。この”Rock And Roll”という言葉、揺さぶる”Rock”と転がす”Roll”ですが黒人のスラングで『性交』、或いは『騒がしい』を意味するようです。ロックンロールの登場で白人と黒人の音楽は一つに交わり、子供達は白人のエルヴィスも黒人のチャック・ベリーも同様に聞いて育ちました。まさに音楽が世界を変えた時代です。

そんなロックンロール・ムーブメントですが、騒々しい音楽を快く思わない保守派の連中や、黒人発祥の音楽が気に入らない差別主義者の画策で、ロックンロール追放運動が盛んになり、結局5年ほどで終焉を迎える事になります。その幕引きが何とも不自然なので以下に羅列します。

1957年 リトル・リチャードが飛行機事故を理由に引退
1958年 エルヴィス・プレスリーがアメリカ陸軍に徴兵
同年 ジェリー・リー・ルイスに13歳の妻が発覚し追放
1959年 バディ・ホリーが飛行機事故で死亡
同年 チャック・ベリーが逮捕
1960年 エディ・コクランが自動車事故で死亡

なんとロックンロールの創始者達が5年の間に尽くシーンから消えています。必要とあらば大統領さえ葬る国なので陰謀論が根強く残るのも仕方のない事ですが真相は藪の中。だが、彼らが蒔いた種は着実に成長していました。

イギリスのリヴァプールでロックンロールに夢中になった10代の若者達は、1957年に『ザ・クオリーメン』を結成します。後の『ザ・ビートルズ』です。

ビートルズがデビューする1962年には、ロンドンで白人のブルース・バンドが結成されます。『ザ・ローリング・ストーンズ』です。

特にブルース・ブームの影響はその後のロック史に重要な人物やバンドを多く輩出します。ザ・フー、ドアーズ、クリーム、ジミ・ヘンドリックス、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ジャニス・ジョプリン、ジェフ・ベック・グループ、レッド・ツェッペリン……。ギターなくしてブルースは成立せず、ブルースなくしてロックギターの誕生もあり得ませんでした。

彼らの登場でブルース・ロックはロックへと進化を果たし、ギター・リフがメロディーに増して重要な曲の要になっていきます。一方メロディーに特化したビートルズの音楽は、ポップ・ミュージックの究極形を50年前に既に完結させてしまいました。

ビートルズに関しては改めて書く必要さえないかと思われます。何しろ同一バンドに二人の天才がいて、半世紀経った今でも色褪せない音楽を残したバンドです。50年代のブルースやロックンロールは世界を呑み込むにはまだ勢いが足りませんでしたが、ビートルズのマージービートがそれを成し遂げ、同時にロックが一大産業ビジネスになる可能性を提示しました。70年代以降のロックがどんどん産業化して、メディアが作為的なイメージに一役買うのも無理はありません。それを含めてのエンターテインメントです。

1976~78年のセックス・ピストルズはその枠を飛び抜けた存在でしたが、そのイメージは結局マネージャーのマルコム・マクラーレンの演出で、ジョニー・ロットンもシド・ヴィシャスも彼のピエロだった事が今では知られています。

1986~89年のガンズ・アンド・ローゼズも特異な存在でしたが、’90年以降は収まるべく良質なエンターテイナーに変身を遂げていきます。この奇しくもミック・ジャガーと同じ選択が、アクセルにとって長くバンドを続ける為の結論だったのでしょう。

 

だが1960年代半ばから始まるロック黎明期には作為的でない得体の知れなさがあり、音楽が本当に世界を変えるかも知れないという未知なる可能性を秘めた時代でした。それが幻に終わるのが1969年の終わり頃です。それ以降ロックはただの音楽になってしまいます。その話はまた次の機会にしたいと思います。

 

ロックの歴史【シカゴ・ブルース~ロック黎明期編】” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。