ピックガードのリメイク

最近は曲も作らず、ブログも放置ぎみになっていますが、現在諸事情で曲制作を中断して、別の作業をしています。音楽は夏頃にまた再開予定です。

今回、1年ちょい前に手に入れたPrecision Bassのピックガードをリメイクしました。元々オリジナルのピックガードをゴールド・アノダイズドのものと交換し、更にその上にアクリルの透明ピックガードを重ねて付けてたんだけど、壁に飾ってシルバー×ブラックのテレキャスと二つ並べると、プレベの野暮ったさがやけに目立つ。テレキャスの存在感と対等に張り合えてない。そもそもゴールド・アノダイズドという割に全くゴールドではない。じゃあ本当にゴールドにしてしまおうと、金箔を貼り付ける事にしました。

金箔と専用のノリを購入し、ノリをテレピン油で希釈して、それを刷毛でピックガードに薄く塗り付け、薄めたノリが揮発したらノリを布で適度に拭き取り、金箔を貼り付けていきます。金箔は1万分の1ミリと非常に薄く、雑に扱うとすぐ破れてしまうので、新品の柔らかい刷毛などで優しく押さえながらピックガード全面に貼り付けます。接合部は刷毛で叩けば重なった余分な金箔が勝手にボロボロと崩れるので、それを刷毛で優しく払い落とせば作業完了です。

パーフェクトなゴールド。しかし何か物足りない。のっぺりしすぎてつまらない。作業中、金箔を刷毛で叩くほど金の輝きが消えていく事が分かっていたので、敢えてそれで濃淡を出しつつ、余った金箔をもう一度貼り付け、無造作な模様を作る事にしました。が、これが殊の外難しく、結局イメージ通りに作る事は出来ませんでした。パット見良さげには見えますが、よく見ると素人仕事丸わかりです。素人なので仕方ありません。なにせ金箔貼りなど今日が初めてです。それでも前のピックガードよりはこっちの方が全然マシなので作業を続行。

次は塗装です。この状態で1日乾かした後、ラッカースプレーで二度ほど塗装すれば完成。これは簡単です。その気になれば猫でも出来ます。この上に透明ピックガードを重ねてベースに装着します。ゴールド・アノダイズドの野暮ったかったこれが、

こう生まれ変わりました。

アップで見ると無造作加減の下手さが際立ちますが、

シルバー×ブラックのテレキャスと並べても対等に張り合っています。なんか縁起も良さげです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。