10曲目完成!

10曲目のラフ・ミックスが完成しました。今回の曲は前半・後半で曲調がガラリと変わります。元々一つのコーラスに二つのヴァースがあって、どちらを使おうか悩んでいた所、どちらも使う事に決め、後半に新たなコーラスとブリッジを作ってこういう形になりました。この手の構成は既に色んなミュージシャンがやってますが、曲が長くなるので出来れば避けたかったというのが本音です。まあ結果的に良くはなりましたが。

自分の中で理想的な曲の形は、リフとヴァースとコーラスしかない3分台で完結する曲。ギターソロもないに越したことはありません。けど曲によってブリッジが必要になったり、ギターソロが必要になったりすると膨らんでいきます。そうすると大抵4分台の曲になります。そしてこの曲は約6分です(笑)。

前半の曲調は”Empty Queen”や”Anybody Can Be One”に続く第三弾の激しいロック。自分の原点です。前・後半を繋げるギターソロはとにかく情熱的でなければ曲が完成しなかったので、今までで最も速く、激しく弾く必要がありました。

これで10曲が完成した訳ですが、後2曲を作ったらUniversal AudioのUAD-2を導入してミックスを全部やり直します。今はWavesのプラグインをメインにミックスしてますが、UAD-2のサンプルを聴けば聴くほど自分が普段聴いてる音楽に近づけるにはやはりこれが必要だと感じています。楽曲やボーカルの質感が格段に変わるし、ベースの音は基本ラインなのでUAD-2の質の良いプリアンプを使って音を変えたいので。

UAD-2導入時にはProtoolsもアップグレードしなければならないのでトータル20万の出費。けどこれは最も大切な事なのでケチってはいられない。食費も削らねば。鍋ばかり食べてる場合じゃない。レコードも色々買いたかったけどしばらくは手が出せない。今じゃなかったのか……レコード導入のタイミングを間違えた。このやってしまった感……。

さて、今回の曲は本当は情熱的なラブソングが好ましかったんだけど、恋愛感情というものを記憶の彼方から引っ張り出したら錆びついて腐っていたので諦めました。誰かをモデルに書いても良かったし、自分の本当の祖母とその戦死した最初の旦那もモデルとして魅力的だったんですが、この曲を女性の視点で書くには違和感があったし、そもそも祖母の情報があまりに少なすぎるのでそれも諦めました。この曲のテーマは誰もが求め、誰もが枯らす『愛』そのもの。タイトルの”Soultree”は造語です。

今回はフル視聴です。これをUAD-2のコンプやリバーブを使ってミックスし直して、マスタリングを専門の人に委託したら更に生まれ変わります。なので今これを見てる人は必ず買って下さい。きっと損はさせません。アルバムは12曲入り税込み¥1,200、夏に発売予定です

※2016.10.4 オリジナル・マスター(視聴サンプル用ダスト・ノイズ付加)に差し替え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください