CUEシステム

今、3rdアルバムに収録予定で、既に録音済みの曲のリミックス/リマスタリングをしています。 前回のブログでそれは後回しにして新曲に取り掛かる予定と書きましたが、3rdアルバムの後半のアイデアを思い付き、その為に先にこの作業をやっておいた方が効率的なので、予定を変更しました。

“Circulate Back”は元々48kHz/24bitで録音していたので、96kHz/24bitのハイレゾで録り直して、歌詞も少し変更して”Nehushtan”とタイトルを変えました。また収録予定ではなかった”Wailling Bell”も構成を変え短くして収録する事にしました。この2曲のボーカルを今日録り直しました。

実は去年か一昨年から睡眠時の歯の食いしばりの影響なのか、耳が聴覚過敏ぎみになり、特にハイの音がやたら耳に突き刺さるようになりました。コンクリートにモノを叩きつける甲高い音がすると、脳が音で攻撃された感じになり不快感とストレスが半端ありません。その影響かは不明ですが、最近ボーカルの歌入れの時、微分音を外す事が異様に増えました。微分音とは半音の更に1/4~1/8の音程で、外す時は部分的にではなく一曲丸々外します。録っている最中は気づかず、ミックスする時に違和感に気づきます。

かなり耳が良い人でなければ気づかないし、微分音のズレは結構そのままにしてるシンガーも多いので、酷くない時はそのままにします。ブルースなんかの曲によってはわざと外す場合もあります。でも許容範囲を超える違和感を感じた場合は録り直しです。

録音した音程を後からイジって調整する事は簡単に出来ますが、私のルーツは元々バンドでライヴ志向の人間だったので、アイドルやネットの歌い手さんがやるような詐欺まがいのフェイクボーカルにはちょっとした抵抗があります。MIDI音源への抵抗は完全になくなりましたが、歌とギターだけは本物である事にこだわっています。これは多分捨ててはならないこだわりのような気がしています。だから納得いかなければ録り直す事になるんですが、当然時間も手間も掛かるのでテンションも下がります。

微分音を外す事はこれまでもたまにありましたが、外さないように意識して録音したのに外した時はさすがにまずいと思いました。耳の異常か、脳の異常かと。でもそれ以前に物理的な要因なんじゃないかと考え直し、まずは今更ながらキュー・システムを作る事にしました。

キュー・システムとはボーカルのレコーディング時に、オケの音、クリックの音、自分のボーカルの音を手元のフェーダーで操作して、歌いやすい音量に調整するシステムです。通常ボーカルのレコーディングをする際はスタジオに必ず設置されています。

では自分は今までどうやって録音していたかというと、特に何もしてません。オケの音とマイク・プリアンプからのボーカルの音をPro Tools側である程度フェーダー調整して、オーディオI/Fからヘッドホンで直接モニターして歌っていました。でもそのままでは歌いにくいので右耳をヘッドホンから外して生声をモニターし、左耳でオケをモニターしながら、クリックなしで歌っていました。なぜそうしたかといえば自信があったからです。歌う事に。他の人じゃ無理でも、俺ならいけるっしょ的なノリがありました。

微分音を外す物理的な要因として、このレコーディング時の劣悪な環境がまず問題だと思い改め、YAMAHAのAG03という3chの小型ミキサーを買って、そのミキサーにマイク・プリアンプからボーカル、オーディオI/Fからオケを入力して、クリックはPro Tools側で調整し、歌いやすい音量にフェーダー調節して、両耳をちゃんとヘッドホンでモニターしながら、今日初めてキュー・システムを使ってボーカルのレコーディングをしました。

なんじゃこりゃ!ってぐらい歌いやすかったです。繊細な声の表情が作りやすいし、オケも自分の声もちゃんとモニターできる。聞きやすいし、歌いやすい。微分音を外さなくなったばかりか、今までより更に上手く歌えるようになりました。

なぜもっと早くこうしなかったのだろう。たかが小型のミキサー一台あれば事足りた話なのに。これまでキュー・システムを作ろうという意識がなぜ全く頭に無かったのだろう。俺ならいけるっしょをこじらせ続けていたのだろうか。今すぐ虎のマスクを被ってタイムマシンで過去に行き、片耳モニターで歌ってる貧相な自分に、これを使い給えとAG03を渡してやりたい。そしてその後四次元殺法を片耳モニター野郎に食らわして現代に帰りたい。そんな気分です。

新曲では繊細なボーカルが続くので、このシステムがこのタイミングで作れた事は非常に重要でした。長らく付けていた鉛のリストバンドを外して捨てたら、リストバンドが地面にめり込んだのを見た気分です。久し振りにボーカルのレコーディングが楽しかったです。歌いやすい環境の大切さを思い知りました。

ちなみにYAMAHAのAG03はネット配信用に作られたミキサー/オーディオI/Fなので、声にボタン一つでコンプ&EQ、リバーブを掛ける事が出来ます。当然録音する音にエフェクトは掛からず、モニター音だけに掛かります。ボーカルのレコーディングにはコンプ&EQの掛かった返しは大変便利でした。MACKIEのミキサーと迷ったけど、キュー・システムにはこちらで正解でした。

今まで出来た事が出来なくなった事に関してはきっと何らかの原因があるんでしょう。それが聴覚過敏の影響なのか、単純な老化による耳や脳の衰えなのかは不明ですが、どうやらこれでまだ続けられそうです。まだ終わりではないようです。