メディアの大罪

かなりの長文になります。今までで一番真面目な話です。

まだ何も知らない子供だった頃、旧日本軍(特に関東軍)のした事を学び、昔の日本は酷い国だと素直に思いました。大人になって近代史を自分で調べるようになると、それらの殆どが嘘や捏造の可能性が高い事を知りました。この世界で常識とされている事や、学校教育やメディアの報道を鵜呑みにする事の危険性を知りました。元々あの戦争はなぜ起こったのか。以下に分かりやすく年表を列記します。

1521年 フィリピンが徐々にスペイン領になる(1898年からはアメリカ領)
1596年 インドネシアが徐々にオランダ領になる
1858年 インドがイギリス領になる
1886年 ビルマがイギリス領になる
1887年 インドシナ(ベトナム、ラオス、カンボジア)がフランス領になる

16世紀以降、西洋諸国はアジアを植民地化するべく、その範囲を東に拡大していきます。安土桃山時代にはスペインの宣教師が日本にも訪れます。彼らの役目は布教を兼ねた視察です。そして彼らはスペイン本国へ書簡を送っています。日本と戦っても勝ち目はないだろうと。当時の日本人は世界最強の戦闘民族でした。彼らは明(中国)を植民地化した後、日本を攻めるのが得策と考えます。

キリスト教が日本に根付き始めると彼らは奴隷売買を始めます。キリシタン大名の一部が火薬の硝石と交換に日本人を奴隷として売り渡し、寺社の破壊なども積極的に行っていた訳です。これに怒った太閤秀吉はバテレン追放令を出し、その5年後に明の征服に乗り出します。そして朝鮮に出兵し、その途上で死去。徳川家康は鎖国という手段で彼らを締め出そうとします。

そして250年近くの時が流れ、
1842年に清がアヘン戦争でイギリスに負け、
1853年には日本に黒船が来航し開国を迫ります。
1860年には清がアロー戦争でイギリス・フランス連合軍に負けます。

幕府を始め、当時の日本人は危機感を抱きました。大国の清でさえ西洋諸国には全く歯が立たなかった。元より朝鮮に何とか出来る国力などない。このままでは日本は彼らの植民地になり、アジア全体が白人に支配される時代が到来する。逃げ腰の幕府では話にならない。

様々な人間の様々な思惑が大政奉還、明治維新へと結び付き、急速に富国強兵を推し進め、日清戦争、日露戦争で勝利。資源を得る為大陸に進出し、日韓併合、満州事変、日中戦争と進み、戦争をしたいアメリカの謀略に嵌まりやむなく開戦。敗戦後の東京裁判の茶番を経て、西洋の植民地化から身を守ろうとした日本が侵略国家と成り果てました。(最も日本がアジアで逸早く近代化した時点で西洋諸国も日本への見方を大きく変え、代わりに日本を始めとした黄色人種が白人社会の脅威になる黄禍論が伝播するようになります)

さて、長い前置きになりましたがここからが本題です。戦時中の事で今なお問題視されているのが、民間人を大量虐殺した南京事件と、日本軍による従軍慰安婦の強制連行です。そしてこれらが問題になったのは戦後40年近く経過した1980年代、朝日新聞が掲載した記事に端を発しています。

この記事に真っ先に乗っかって政治的プロパガンダに利用し始めたのが当の中国や韓国。それまで向こうの国内で全く問題にもなっていなかった事が突如大騒動に発展し、南京では日本兵による百人斬りがあったとか、生き埋めにされたとかで記念館が建ち、メディアには強制連行の被害者たちが続々と登場を始めます。

結論から言えば彼女らは当時家族に売られたり、体を売って生活するしかなかった売春婦たちで、そのブローカーは中国人です。生活苦に耐えられず娘を中国人ブローカーに売る親は当時少なくなかったようです。そうした証言は小野田寛郎さん始め、慰安婦強制連行否定派の識者や元日本兵共通の認識のようです。

戦時中はどこの国も軍が慰安所を作ります。敵国への強姦の防護策として必要だからです。そして当時の日本軍も慰安婦を募集します。その給料は1年も働けば東京に家一軒が買えるほどの高給です。問題はそこに軍の強制連行があったのかどうか。つまり公的機関の命令で朝鮮人婦女をさらい、無給で強制奉仕をさせたかの有無が問題となっている訳です。

日本政府は1992年からこの問題に関する公文書を徹底的に調べ上げます。その結果民間(中国人ブローカー)の慰安婦狩りの犯罪を取り締まれという文書や、慰安婦たちの高額な軍事貯金の原簿は見つかっても、公的機関による慰安婦の強制連行の証拠は何一つ見つけられませんでした。これがそのまま現在の日本国政府の見解となっています。

ところが1993年、当時の内閣官房長官・河野洋平が個人の独断で、『軍の直接的、間接的関与があった』とこれを勝手に認めてしまいます。この河野談話により日韓関係はより悪化の一途を辿っていきます。韓国は反日教育の材料としてより話を痛ましく捏造して記念館まで作り、なぜかアメリカ各所に気味の悪い血塗れの慰安婦像を設置して、そうしたロビー活動を真に受ける人が日本人に悪い印象を抱いています。

これに関する朝日新聞の記事のソースは吉田清治氏の証言。そして記事の掲載から30数年が経った今年の8月初め、ようやく朝日新聞は吉田氏の証言は虚偽だったとして、証言の矛盾を認める記事を掲載しました。(吉田清治氏本人は1990年代に自分の証言が創作であった事を既に認めていました)

これまで散々国益を損ねる記事を書き連ね、国家レベルの騒動にまで発展させ、日本を批判する記事ばかりを掲載してきたこの新聞社がようやく間違いを認めた記事は、ほんの数行程度の見落としそうな小さなもの。メディアの責任はそれで済むのでしょうか。新聞社としての権利を剥奪しても済まない規模にまで問題は大きく発展しています。それをたった数行の小さな記事で済ましています。誰がどうこの責任を取るのでしょう。

asahi

これまで朝日新聞に乗っかって同様の報道をしてきた毎日新聞もどう責任を取るのでしょう。南京事件にしても話が膨らみすぎて、今では当時の南京の人口を超える数を関東軍が殺した事になっています。実際に関東軍が殺したとされているのは南京の便衣兵とされています。これは民間人の振りをした軍人やゲリラで、国際法で禁じらたものです。そもそも日本刀で100人も人は切れません。しかも支給された粗悪品などで。それを今ではバレバレの合成写真と共に新聞に掲載していたのです。

南京事件を持ち出すなら凄惨な通州事件を日本側は持ち出すべきだし、それを言い出せば空襲で30万人以上の民間人を焼夷弾で無差別殺戮して、日本国政府から勲一等の勲章を受け取ったカーチス・ルメイの戦争責任も問わなばなりません。原爆にしてもそうです。だがそれらは全く進歩的な話ではありません。私達の目はもっと未来へ向かねばなりません。その為にも奪われた誇りと先人たちの名誉だけは
きっちり回復しなければなりません。

1938年から日本は国民総動員の軍事体制に変わりました。行き過ぎたナショナリズムによる抑圧的な時代です。いかに避けようがなかった戦争とはいえ、当時の国民は国に無理や我慢を強いられすぎました。それでも我慢出来たのはみな日本が勝つと信じていたからです。だから戦争に負けた瞬間、それまでの不満や抑圧が一気に吹き出して、その敵意は一斉に国に向きました。GHQはさぞや戦後の占領がスムーズにいった事でしょう。

かつて朝日新聞はこの行き過ぎたナショナリズムを扇動する側でした。当時の国民はその記事に踊らされていました。しかし戦後の言論統制で新聞、手紙、電話などの検閲が徹底されるようになると、日本軍を少しでも正当化する人物や記事は取り締まりの対象となり、逮捕されたり発禁処分を受けました。

学校教育も当然占領軍の手で進められ、戦後に生まれた人間が成長する頃には学生運動が活発になります。かつてナショナリズムの権化だった朝日新聞は、真逆の左翼思想に振り幅を大きく変えて生まれ変わり、日本の戦争責任を敵のように追求するようになります。教育の現場も旧社会党が支持母体の日教組が取り仕切り、司法や弁護士も左翼思想の人間が主流となります。そして自虐史観に満ちた近代史をみなが信じ込むようになりました。

昭和初期~終戦までの日本は行き過ぎたナショナリズムの時代でした。危険で暗い時代です。自由などありません。だが現在は行き過ぎた左翼思想の時代です。これも同様に危険なものです。国を誇りに想う気持ちは本来大切なもの。民族的アイデンティティーの喪失は空っぽの人間を生むだけです。

結局朝日新聞は昔も今も、思想の中身が変わっただけで、本質は何も変わってないのではないでしょうか。真実を伝える事より、大衆を洗脳する事が重要なのでしょう。

朝日新聞は『吉田証言』だけでなく、福島の原発に関する『吉田調書』も最近捏造がバレましたね。更に吉田証言の虚偽は認めるが、過去の記事の内容は撤回しないという意味不明な論理。続々と解約をする人も増えてるとか。

世に思想を持ったメディアほど危険なものはなく、エゴのない記事もまた存在しません。右も左も振り幅が大きすぎれば問題になります。何事も中庸こそが重要という話です。

テレビのニュースではこの報道を取り上げない番組や局もあるようですね。一体どれだけあちら側の人間が内部に侵食しているのでしょう。メディアに限らず政党や宗教も同様の事。この国の裏側は相当危うい状況のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。