緊急事態宣言の延期

緊急事態宣言が一ヶ月ほど延期される事が検討されています。こうなる事は分かっていたとはいえ、5月6日の解除を目処にここまで耐えてきた人たちにとっては、店や会社を畳まざるを得ない決断を迫られる人たちもいる事でしょう。

希望があるとすれば梅雨に入ればウイルスの活動が今までよりは停滞するかも知れないという可能性です。でも夏が終わって再びウイルスが活発になる頃までにワクチンが出来、更にそれが全国民に行き渡るというのは極めて可能性が低いでしょう。WHOの発表では依然として抗体を獲得した筈のコロナ回復者が、再感染を防げている証拠は見つかっていないとの事で、そうなると集団免疫による解決さえ現時点では疑わしくなります。

アメリカ政府はWHOと中国が結託して、コロナウイルス発生初期段階の情報を隠蔽していた証拠を掴もうと躍起になっており、実際それを掴んだ事を匂わせています。今後中国は世界中から何千兆円という訴訟を起こされるでしょう。当然中国はそれらを拒絶するでしょう。もしアメリカと中国が戦争になれば、日本は地理的にアメリカに協力せざるを得ず、自衛隊も後方支援を担う形になるでしょう。それが戦後ずっと続いている戦敗国日本とアメリカとの関係です。そうなれば日本に中国や北朝鮮からミサイルが飛んでくる事も現実に起こります。変則軌道の新型ミサイルを空中で100%迎撃出来る防衛システムは現段階で防衛省は作れていません。コロナの収束や政治状況、経済状況を含め、やはり10年は予断を許さない状況が続くでしょう。

さて、私は現在2ndアルバムのリミックス/リマスターに着手しており、緊急事態宣言下であろうと、ロックダウン中であろうと、やってる事に変わりはありません。幸いな事に現段階ではまだ仕事もあり、それ以外の時間や休日は変わらず音楽制作。合間に本を読んだり、映画を見たり、今までと何ら変わらない生活を送っています。家の中でしか出来ない事をしているので、籠っている意識も特になく、苦痛も感じません。

でももしこれらが一切出来なくなって、家の中にずっと籠る事になればとんでもない苦痛を感じるでしょう。やる事がないというのは人の心を擦り減らします。たまたま自分は家の中でそれが出来る環境を整え、実際にそう出来ているから問題ないだけで、ライフワークが家の外にある人は鬱積した日々を過ごしている事でしょう。

たとえ家族と一緒でも選ぶ相手を間違えれば家の中は苦痛やストレスしか感じない殺伐とした空間になります。かつての日常のバランスが崩れてしまったので、今まで誤魔化せていたものに誤魔化しが利かなくなり、我慢の限界を越えてコロナ離婚というケースが多いのも頷けます。気の合わない人間と一緒に過ごす時間より、一人の方がより多くの幸せを感じられる事も多々あります。逆にこういう時だからこそ家族の大切さを実感出来る人も沢山いると思います。

本当に大切なものを見つめ直す良い機会かも知れません。今まで余りに無駄なものが多く溢れ、無駄な感情に縛られ、誰もが何かを誤魔化しながら生きていました。でも当たり前の事は何一つ当たり前ではありません。基準は自分の知識と経験とモラルにしかありません。だから一生勉強が必要です。今はそれを磨く時かも知れません。

こんな時多くの人が自分に出来る事は何だろうかと考え、結局何もない事に至ります。せいぜい保菌者にならないよう気を配るぐらいです。何か出来る力を持つ人は政治家たちです。その政治家は我々国民が選んだ代表です。そしてその代表の一部の人たちの中には、こんな緊急時でさえ与党の足を引っ張る事に全力を尽くし、政権批判する事が野党の役割と勘違いしてる高卒以下の残念な人さえいます。与党だろうが野党だろうが政治家は自分の政治手腕を示してなんぼの世界です。民主主義なので結局選ぶ側の程度の問題でもあり、そういう人を嬉々としてニュースに取り上げる日本のメディアの程度の問題でもあります。政治能力の欠如を誤魔化すような批判しかしないパフォーマーが通用するのは平常時だけ。批判だけなら17歳の環境少女でも出来る事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。