1stアルバム Nostalgia (2021 Remake)

5月10日配信開始です。やる気がないと言いながらも年が明けてから休みはほぼこれに費やし、平日も仕事以外の時間の大半はこればかりしていたにも関わらず時間が掛かりました。1トラックづつ音処理をするので、全11曲のミックス~マスタリングを一気にやるのは大変な作業でした。

途中ミックスに行き詰まった時があり、ギターのファズの音やベースの動き、キックの40~60Hzのローが妙に耳障りに感じ、聴く度に音が違って聞こえた時期がありました。音楽って何なんだろう?良い音って何だろう?と完全に方向性を見失っていました。

邪悪な小人が夜中にこっそり音を作り変えているのか、自分の脳みそに邪悪な小人が住み着いているのか。昨日良いと思ったミックスが、今日になると酷い出来に聴こえ、いっそ小人を脳みそごとマシンガンでふっ飛ばせたらどれだけスッキリするだろうかと、薬中や統失のような誇大妄想じみた強迫観念に苛まれたり、されなかったり。表現の世界を追求しながらも、誰にも知られない音楽を作り続ける苦しみで精神が錯乱していたのか、精神が不安定だから音楽が錯乱したのか。

一時は母の命日の5月10日に配信するのはもう無理だと諦めていましたが、初心に戻って久し振りに自分が影響を受けた音楽を聴き、それらと聴き比べながらミックスをする事で、ああこういう音で、こういうバランスで良かったんだと指針を得、そこからは作業がスムーズにいきました。やはりエンジニアとしての自分の感性はたかが知れてるようです。指針がなければ迷うという事は、自分の中に確率されたものがないという証明なのだから。聴き比べるまでは妙に小綺麗にまとまったつまらないミックスになっていました。

今回も原音が損なわれないギリギリまでしか音圧は上げていませんが、ボリュームを上げれば音質は十分のレベル。会心の出来です。新曲を二曲追加した事もあり、1stアルバムが他の二枚と肩を並べる出来になりました。このアルバムが本来持っていたポテンシャルが引き出され、曲の良さを証明する事が出来ました。このアルバム三枚が自分がこの人生で為した事の全てです。5月10日の配信以降は全ての曲がダウンロードだけでなく、ストリーミングも可能になります。今後はyoutube用にリリックビデオも作って誰でも無料で聴けるようにする予定ですが、全32曲あるので少し時間が掛かるでしょう。でも今はずっと仕事と音楽制作の連続で疲れがピークに達しているので、しばらくは何も考えずにのんびりします。

Masaki Aio

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする