Vinaccia 1924年製マンドリン

1stアルバム”Nostalgia”のリメイクですが、順調に進んでいます。これはリマスターでなく完全なリメイクです。録音は全トラック録り直し、歌詞もほぼ全曲変更。キー、展開、アレンジも曲によって変更しています。ボーカルは来月からレコーディング予定ですが、多分今が人生で一番上手く歌える時。機材もレベルアップしてるので、全てがオリジナルを上回る出来になるでしょう。よほど耳が腐ってるか、自分に対して妙な悪意を持ってない限りは、聴けばすぐに納得出来るでしょう。

アルバム”Nostalgia”の最後の曲はインストです。前半の主旋律にはメインパートがありません。この曲を作ったのは上京前の20代前半の頃。ちょうどLed ZeppelinやGun N’ Rosesにハマって音楽にのめり込み、貪るように様々な年代の洋楽ロックを聴き込み、これで生きていくと腹の底から決心し、曲作りを真剣に始めた頃です。もう25年近く前の話です。

当時は全くジャンル違いの曲だった為、前半部分だけを書いて放置していました。その後上京し、最初のバンドが解散した失意の中で後半のパートを書きました。20代後半の頃です。でもやはりジャンル違いなのでその後のバンドでも放置していました。

その後脱退やら解散やらで他人にモチベーションを掻き乱されるバンド形態での音楽活動に心底嫌気がさし、音楽から離れ、東京からも離れ、8年前に現在のスタイルで音楽活動を再開し、1stアルバムの制作に取り掛かった最初にレコーディングしたのがこの”Nostalgia”です。そのままアルバムタイトルにもしました。でも曲の制作中、頭の中でずっとメインパートだと思っていたアコーディオンのMIDI音源が全くピンと来ず、替わりの音を探す内に気付けば前半の主旋律が壮大なフルオーケストラになっていました。

今回のリメイクでこの曲をどうすべきか悩んでいたんですが、ふと『ああ、マンドリンだ』と気付き、そこからはもうマンドリンの事以外何も考えられなくなりました。気付けばマンドリンを検索し、我に返ればyoutubeでイタリア人のおっさんのマンドリン演奏をおっさんが聴き、心の底に空いたマンドリンフォルムの穴を埋めようとする日々。マンドリンの知識をひとしきり吸収すると、自分が必要とするマンドリンはフラットマンドリンでなく、伝統的なラウンドマンドリンで、本場イタリア・ナポリの銘工のオールドマンドリンの音なのだと理解しました。日本にも有名なマンドリン職人は何人かいて、個人的には日本の職人の腕は世界一だと思っていますが、楽器の場合手に入る木材が重要になります。この曲に必要な音はイタリアのオールドマンドリンの音。

そして運良く安値で入手出来たのがヴィナッチアの1924年製オールドマンドリン。ヤフオクのリサイクルショップからの出品でした。同モデルの中古楽器屋での相場は30万ほどですが、三分の一以下の価格で落札出来ました。入札者は自分だけ。日本人に人気のカラーチェだったら競合していたかもしれません。

ヴィナッチアは18世紀から続くナポリの楽器職人の一族で、19世紀後半にジェンナロとアキッレの兄弟が”Fratelli Vinaccia”という工房を設立し、弟子たちと共にマンドリン制作を始めました。カラーチェ、エンベルガーと並ぶオールドマンドリンの銘工ですが、その後戦争の影響で途絶えた為、1933年頃が最後期の作品になります。私が手に入れたのは1924年のものです。

材はスプルーストップ、リオ・ローズウッドバック。

アルマジロのようなラウンドマンドリンのフォルム。

当時のイタリア王国マルゲリータ王妃御用達のラベル。最下段に1924年の記載とFratelli Vinacciaのサイン。

楽器をオークションで買うのは賭けですが、これは見事に当たりを引きました。96年前のマンドリンですが写真や説明文通り深刻なクラックもなく、ネック、指盤、フレット、ペグにも異常はありませんでした。アームレストが元からないのか紛失したのかは不明ですが、きっと以前のオーナーさんが大切に使い、親族の遺品整理か何かでリサイクルショップにでも流れたのでしょう。装飾の何もない簡素なマンドリンですが本当によく鳴ります。youtubeで聴いて欲しいと思ったヴィナッチアのオールドマンドリンの音そのものです。

最初に鍵の壊れた持ち手のないボロボロのケースを開け、初めて目にするマンドリンを手に取った時は、予想を遥かに超えた軽さと小ささに若干不安を感じ、弾いてみると全く鳴らず不吉な予感が背筋を突き抜け、思わず顔のパーツが中央に寄りましたが、マンドリンは通常より一オクターブ高くチューニングする事に気づき、チューニングをやり直してからはハッピーになりました。心の奥底のマンドリンフォルムがこれで埋まりました。

マンドリンは4弦の復弦楽器で、ギターとは各弦のチューニングが異なるので、弾きこなすには練習が必要ですが、単音のトレモロだけならすぐにも弾けます。生楽器はその楽器の一番良い音で鳴らさなければ、自分にも楽器にも変な癖が付くので、加減して弾かないようしばらくは防音室に篭って練習です。これでNostalgiaのメインパート問題も解決しました。まだ収録予定の手付かずの新曲も残っていますが、自分にとって始まりの曲であったNostalgiaを一番最後にレコーディングして、それで終わりにしたいと思います。

アルバムのリメイクが完成するのは来年になりそうです。まあ今年中だろうが来年だろうが、作ろうがやめようが、気にする人も困る人も誰もいないでしょう。無名であれば無関心になるのも、名が知れて有名になった途端手の平を返すのも軽薄な人の世の常。所詮人は自分と似た人間としか価値を共有し合えず、無自覚の排他意識や差別意識を誰もが腹の底に孕んでいます。自分に理解出来ないものには批判しがちで、それが世間の共感を得ると途端に同調する。その程度のフワついた価値基準しか持たない人など、鼻毛で笑えるようにならねばなりません。自分が高いレベルで分かっている事をただ自信を持って貫けばいいだけ。このリメイクが完成したらきっとこれは自分にとっての証となり、誇りとなるでしょう。

……とまあ今までの自分ならこう書く所ですが、今は再び思考が一周して(大きく4周目です)、『でもやっぱり深い意味で無意味な事やってるよな』と思わずにはいられません。何を作れたとしても、それが誰にも届かず、誰の心も動かさないのなら、やはり無価値な行為なんだと思います。自分がやっているのは個の追求であって、人の為になり、人の役に立つ人生を本気で生きている人と比べると、やはり独りよがりで虚しい人生なんだと思います。

最も私は全ての人間の役に立ちたいなどとは毛ほども思わない人間です。かなり人をシニカルに捉えています。本当に善良で愛すべき人間などごくごく少数で、大多数の人は欲深さや人の備える悪意をまるでコントロール出来ないマウント合戦ファイターたちや、金が絡むと本性を現す金に脳髄を支配された拝金者たち。正論さえ口にすれば人を中傷する免罪符になると思ってるストレス発散型マウンターや、威圧で何でも解決出来ると思ってる脳筋マウンター。人を見て態度を決める小心マウンターに、自分を成長させる意識が全くなく何も考えず生きてるだけの流され人間。そしてそれらがまともに思えるほど醜悪な、人のフォルムをしながら人ではない害虫同然のクズどものひしめき合い。この世界では善良であるほど生贄にされ、足元を見られ、守られません。平等な人権などクソ喰らえだと私は思っています。人権とは無条件に与えられるものでなく、獲得し、剥奪されるものであるべきだと。だから人に対する関心がそもそも私にはありません。今や猫>人です。価値のある人生などきっと自分とは無縁なんでしょう。

……と後半に書き連ねた内容が今回のアルバムリメイクで変更した歌詞の一部になっています。綺麗事は一切書かず今まで以上に本心をさらけ出しています。過激な事も書いています。どうせ誰も聴かないし、誰も読まないのでステレオタイプの薄っぺら正論マウンターに叩かれ炎上する事もないでしょう。そもそも脱エンタメでやる一番の意味はここにあります。自分の音楽はいかなる組織の干渉も受けないので自由そのものです。最初から最後まで自分一人で作れるので、タブーや忖度だらけの持ちつ持たれつなエンタメ業界とは無縁です。何でも歌う事が出来ます。勿論責任も全部自分で負わねばなりませんが。この自由である事が本来の表現の姿であり、ロックの本質です。

Masaki Aio

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする