名易えの謎

久々に古代史ネタです。今回は名前にまつわる話です。

昔の名前には『諱』(いみな)と『仮名』(けみょう)の2種類がありました。時代が経つとこれに自分の出自を表す『家名』や『氏』が苗字として加えられます。古代では名前には本人の霊が宿り、他人に自分の本当の名を知られる事で霊を支配されるという通念がありました。決して人には明かさない自分の本当の名は諱や真名(まな)と呼ばれ、便宜上人の名は官位名や仮名で呼ばれました。

その風習は次第に弱まり、諱が人に知られてはならないものではなくなりこそすれ、何か呪詛的な目的でもない限り、諱で相手を呼びかける事は大変失礼な事でした。

今では歴史上の人物を平清盛や織田信長と当たり前に呼称してますが、当時は平清盛なら平太殿、太政大臣以降は相国様。織田信長なら元服前は三郎殿、それ以降は上総介殿や右府様と呼ばれ、時代考証の適当なドラマのように家臣が清盛様や信長様と諱を呼ぶ事はありえませんでした。

官位を持たない武士でも~右衛門や~左衛門、~兵衛という仮名を必ず持ち、その風習は明治以降の戸籍の改製まで続きます。御霊(みたま)の分霊に見立て、祖先や崇拝する人物から名前の一字を貰う『偏諱』(へんき)という風習や、相手を役職名(社長、課長など)で呼ぶ風習は現在にも受け継がれています。

『自分の本当の名を知られると相手に支配される』という通念は日本に限らず世界中にあった風俗です。古代中国では『諱』と『字』(あざな)があり、諱の呼称は禁忌とされていました。古代インドにも『密名』と『通名』があり、密名の呼称はやはり禁忌でした。古代エジプトも『真の名』と『良い名』があり、真の名は禁忌でした。

旧約聖書の出エジプト記では、シナイ山に登ったモーセが唯一神から十戒を授かる時、『主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える者を主は罰せずにはおかれない』と告げられています。古代ユダヤ人が神の名を口にする事を禁忌とし、旧約聖書の原本も母音表記のないヘブライ語で書かれている為、この神の正確な発音は今では消失しています。四つの子音文字から成るこの神の名は現在『ヤハウェ』や『エホバ』などと呼ばれています。

グリム童話の『ルンペルシュティルツヒェン』も名前にまつわる呪術性をモチーフにしています。貧しい男が『自分の娘は藁を紡いで金に変える事が出来る』と王に告げ、王は娘を塔のてっぺんに監禁し、三日後の朝までに金を紡げと迫ります。出来なければ殺し、出来れば王妃にすると。困った娘の元に小人が現れ、ネックレスや指輪と引き換えに金を紡ぎますが、もう引き換えるものがなくなった最後の晩、小人は、『最初に生まれるお前の子供と引き換えに金を紡いでやる』と言い、その条件を飲んで王妃になった娘は、その後最初の子供を産み約束通り小人が現れます。子供を連れ去られたくない王妃の懇願に折れた小人は、『では三日後までに自分の名前を当てたら連れ去るのをやめてやる』と約束します。その後色々あって、小人の名前がルンペルシュティルツヒェンと知った王妃がその名を告げると、小人は怒り狂って自分を引き裂いて死ぬという話です。

余談ですがグリム童話の原本には本当に面白い話が多いです。人間主体のストーリーへのアンチテーゼでもあり、人の心の闇をよく描いています。この話も登場人物である小人と人間とを入れ替えたら全く違う印象になるでしょう。一時期グリム童話の初版は残酷な話だとホラー的要素ばかりが話題になってましたが、グリム童話が残酷なのでなく、人間が生来残酷な生き物なのです。グリム童話では人間の残酷さも純粋さも等しく描かれますが、人の純粋さは人の残酷さの前では容易く屈します。その現実を赤裸々に寓話として描いているにすぎません。

近年の話で有名なものでは、宮﨑駿監督の『千と千尋の神隠し』にも諱をモチーフにした場面があります。千尋という名を奪われた千は湯婆婆に支配されて湯女(ゆな)となり、本当の名を忘れれば元の世界に戻れなくなるとハクから教えられます。そして千のお陰で自分の本当の名を思い出したハクは、湯婆婆の支配から逃れる力を得ます。

この話の裏にはもし生きる力を取り戻せなければ、神様の風俗嬢に身を貶した未来もあったというダークな側面があると思います。アニメの舞台の湯屋は八百万の神々が立ち寄る銭湯ですが、江戸時代に湯屋で働く湯女たちを20人~30人抱えた湯女風呂は垢すりや髪すきだけでなく、売春も行っており、幕府が禁止をしても取り締まる事は出来なかったそうです。当然アニメの中ではそんなシーンを入れる必要もないですが、湯屋の艶やかな配色といい、湯女という呼称の使用といい、裏の設定ではそんな背景があったのではないかと思います。あの監督が作る作品は単なる子供をターゲットにしたアニメには収まらない深みと、寓話的・神話的なオマージュが多分に潜んでいるような気がします。

さて、これら古代に於ける名前に宿る呪術的な側面を踏まえた上で、古事記や日本書紀に記された話で一際興味深い場面を挙げます。15代応神天皇と気比大神(けひのおおかみ)の名がえの話です。以下日本書紀の記述を要約します。

応神天皇が太子(ひつぎのみこ)になった時、越の国の角鹿(つぬが)の笥飯大神(けひのおおかみ)に参拝した。その時笥飯大神と応神天皇が名を入れ替えて、笥飯大神が去来紗別神(いざさわけのかみ)となり、応神天皇が誉田別尊(ほむたわけのみこと)となった。

角鹿とは現在の福井県の敦賀で、笥飯大神は氣比神宮の主祭神・気比大神の事です。古墳時代の人物、ましてや天皇の名は仮名や諡(おくりな)と思いがちですが、和風諡号に諱が記されている天皇もいます。応神天皇の和風諡号・誉田別尊は諱とされています。しかしこの記述では応神天皇の元の名はイザサワケで、気比大神の元の名がホムタワケとなります。古事記には更に詳細な記述があります。

神功皇后の摂政時代に大臣(おおおみ)の武内宿禰(たけしうちのすくね)が幼子の応神天皇を禊(みそぎ)に連れ出し、角鹿に仮宮を造って住まわせた。その時伊奢沙和気大神(いざさわけのおおかみ)が夢に現れ、『我が名を御子の御名に変えたく望む』と言い、武内宿禰がそれをかしこみ了承すると、明朝、名を変えたしるしに謝礼の贈りものを浜に届けると言われる。翌朝武内宿禰が浜に出掛けると、鼻が傷だらけのイルカが供物として浦一面に打ち上げられていた。

この話には研究者によって様々な解釈がありますが、どれも納得出来るものはありません。以前も書きましたが、日本の古代に於いて神というのは人です。伊吹山の荒ぶる神も、気比の大神もその時代、その土地に勢力を有していた人物や、その祖神になります。そして天皇家は歴史的に万世一系でもなければ、皇紀2600年以上でもありません。

この話が何を示唆したものなのかは、この記述一つだけでは説明出来ないでしょう。弥生時代の銅鐸文化の連合国家と倭国大乱、卑弥呼の共立と台与の台頭、10代崇神天皇から始まるヤマト王権黎明期と朝貢の廃止、天神地祇の祭祀の始まりと前方後円墳の増加、渡来人の勢力増加とその技術の取り込み。これら4世紀中葉までに起こった流れが知識として必須です。

そしてなぜ伊吹山の神に敗れ傷を負った日本武尊(やまとたけるのみこと)は近江を通って大和へ向かわず、遠回りに鈴鹿山脈を迂回して、宮簀媛(みやずひめ)と草薙の剣を残した尾張氏(おわりうじ)の元へも戻らず、能褒野(のぼの)で力尽きたのか。なぜその後の天皇家に尾張氏出自の皇后が増加したのか。なぜ日本武尊の父12代景行天皇は死の間際に大和を離れ、近江の大津に都を移し、13代成務天皇もそこに留まり、記述も少なく短命だったのか。これらは記紀に記されながらこれまで誰も気に掛けていなかった重要な記述です。更になぜ大津に日本武尊を主祭神とする建部大社が創建され、続日本紀に日本武尊の陵墓が祟る記述があるのか。なぜ14代仲哀天皇は住吉三神に祟り殺され、摂政となった神功皇后が三韓征伐を始めたのか。なぜ仲哀天皇の皇子で、応神天皇の母違いの兄の麛坂皇子(かごさかのみこ)と忍熊皇子(おしくまのみこ)は、応神天皇が生まれると反逆の兵を挙げ討たれたのか。なぜ武内宿禰は太子を連れ立って、ヤマトの神でもない角鹿の気比大神の元へ禊に向かったのか。なぜ15代応神天皇は都を河内に遷都し、廃止した朝貢を始めたのか。そしてなぜ神功皇后と武内宿禰の記述が、200年後の推古天皇と蘇我馬子の関係と類似し、突然歴史に現れた蘇我氏が武内宿禰の末裔となっているのか。古事記や日本書紀が編纂された背景や意図、編纂者の出自、当時の勢力図、それら全てに整合性を求め、俯瞰しなければこの名がえの疑問は解決出来ないと思います。

古代伊吹山周辺には伊福部氏(いふくべうじ)の勢力があり、その周辺には近江国坂田郡から琵琶湖北東部に勢力を持った息長氏(おきながうじ)と、琵琶湖西岸に勢力を持った和珥氏(わにうじ)がいました。息長氏の勢力圏には渡来系氏族が深く関わり、製鉄の遺構や3世紀前半の大規模集落跡も発見されており、邪馬台国の時代から相当な力を有した勢力だった事が窺えます。神功皇后はこの息長氏の出自に当たります。古事記には神功皇后が新羅から渡来した天日槍(あめのひぼこ)の6世孫だとする記述もあります(ちなみに古代の三韓【百済、新羅、高句麗】は、現在の朝鮮民族とは全くの別言語、別民族と思われます)。また天日槍が新羅から持参した八種神宝(やくさのかむだから)の一つに、胆狭浅の大刀(いささのたち)という名の神宝がある事から、イザサワケと天日槍とを関連付ける説も昔からあり、崇神天皇の御代に角鹿の笥飯の浦に到着したという意富加羅国(おおからのくに)の王子の都怒我阿羅斯等(つぬがのあらしと)もイザサワケの血脈と無関係ではない可能性があります。

そして5世紀以降のヤマト王権の中枢に深く関わり、内政・外交に強い影響力を持った葛城氏(かつらぎうじ)は武内宿禰を祖とし、息長氏や和珥氏、紀氏とも強い結び付きがあり、渡来系氏族を纏め上げる大豪族となりました。日本書紀に葛城氏の名が現れるのは神功皇后の段からです。古代史の造詣が深い人ならここまで読めば、ある程度見えてくるものがあるのではないでしょうか。

4世紀中葉頃、近江の勢力に何か不穏な動きがあり、息長氏や武内宿禰がその中心にいたとしたら話が見えやすくなります。尾張氏もその協力関係にあった可能性が高いでしょう。尾張氏は当主の建稲種命(たけいなだねのみこと)を日本武尊の東征に連れ出され失っており、日本武尊が伊吹山の荒ぶる神の話を聞くのも尾張氏からです。尾張氏と伊福部氏は系図上同族であり、霊験あらたかな草薙の剣を置いていったのも或いは尾張氏の謀があったのかも知れません。また近江の渡来系氏族にとって交易や情報に必要不可欠な角鹿の港とは当然繋がりも深く、崇神天皇が中国への朝貢を廃止したのが通訳や文字の知識に明るい渡来系氏族の取り込みに失敗していたからであれば、応神天皇から再び朝貢が開始されるのも納得がいきます。霊的人格を宿した諱を易えるという行為は、大王(おおきみ)の血脈がそこで途絶え、入れ替わった事を示唆しているのではないでしょうか。鼻が傷だらけの大量のイルカの供物も、記の編纂者がその血生臭さを暗喩したのであれば不可解にはなりません。更に応神天皇が仲哀天皇と神功皇后の子でなく、武内宿禰と神功皇后の不義の子である疑惑も大いに孕んでいます。

※この記述の無断引用を固く禁じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。